読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューフィッティングの作法

靴職人でもあるシューフィッターが教えるフィッティングのコツ

日本のサイズ表記はおもてなし?おせっかい?

日本の靴のサイズ表記の単位は、cm(センチメートル)であることはご存知の通りです。

 

それに対し、海外ブランドの靴はinch(インチ)をベースにしたUSサイズやUKサイズ、2/3cmを1単位としたフレンチサイズやコンチネンタルサイズ、と様々。

インターネットで検索すれば、海外のサイズ表記について、日本ではどのサイズに該当、といった情報がいくらでも出てきますので参考にしてみてください。

 

このブログでは、表記以前のそもそもの考え方の違いを説明したいと思います。

 

日本のサイズ表記は足の大きさを意識したものであるのに対し、海外のそれは靴(ラスト)の大きさを表したものであるという、根本的な違いがあります。

 

例えば日本のサイズ表記で24.0cmとあれば『24.0cmの足長が入るためにつま先に+1cm以上の捨て寸をもたせた底面長が25.0cmくらいある靴』となります。

これが、海外のサイズ表記の考え方に従うと、単純に『24.0cmの底面長の靴』となります。(わかりやすくするために単位をcmで揃えていますが、実際は38や5 1/2などの表記です。)

 

靴は靴下のようにピッタリと履くものではなく、つま先に1cm程度の余裕が必要です。これを“捨て寸”と呼びます。日本のサイズ表記は、この捨て寸を考慮しているのです。

計測した寸法そのままを選べば良い、という合理的な表記方法であり、私はこれが靴選びに利便性をもたらしていると考えていました。おもてなしの心を持った日本的な表記だと。

ところが今は、このサイズ表記方法こそが、靴選びの失敗を生じさせる原因であるように思っています。

「履くべきサイズはこれです!」とお膳立てされることで、前後サイズの試着にまで意識が向きにくいというか…。

 

以前の記事で触れた通り、サイズ表記に表されているのは足長とその3:7で割れるところをボールジョイントと仮定したウィズのみ。ウエスト部分の絞りや踵の収まり、つま先の余裕などは自分の感触で確かめなければなりません。

そしてシューフィッティングの要は、足と靴のボールジョイントの位置を合わせること、つまりボールレングスを合わせることです。

左右差があったり個性的な寸法を持つそれぞれの足と、規格に基いて画一的に作られた靴では、足長が合っていて且つボールレングスも合う、というのは万人に望むことはできません。そこで力を発揮するのが、シューフィッターによる靴のアジャストメント(調整)技術です。

サイズ表記で大体のアタリをつけて試着

        

シューフィッターが足に合わせて靴を調整

この2ステップが常識となり、快適な靴に出合うきっかけが広がれば良いと思います。

靴はファッションの一部ですが、洋服と違って身体に大きな影響を及ぼすものですから、デザインだけでなくそのフィッティングにもしっかりと目を向けてみましょう。

靴のサイズ表記

足の計測もきちんとして自分の靴サイズがはっきりしているのに、該当サイズの靴を履いても合わない、しっくりこない、ということがあると思います。

シューフィッター側も、ストックから自信満々に持ってきた靴が全然合わなくて、、イヤな汗が出ますよね…。

それもそのはずで、サイズ表記はあくまで靴選びの目安でしかないからです。

 

 靴サイズを決めるための計測は、基本的に足長と足囲という2箇所を測っているに過ぎません。

ちなみに、足長は最も長い足趾先端から踵後端までの長さ(軸は第2趾から踵)、足囲はボールジョイント(足趾の付け根辺りの関節)の周径です。

しかも、この2箇所を立位または座位の静止状態で測るわけです。

その寸法から、“24.0cmの2E”というような計測結果を導き出しています。

 

では、靴のラスト(靴型)はどうでしょうか?

尚、ここではわかりやすくするために、JIS規格に基いた靴として説明します。

底面の長さは、そのサイズの足長が収まり、且つ捨て寸(つま先の余裕)を見越した長さ。

そして、およそ3:7で割れるところをボールジョイントと仮定し、その位置の周径をウィズとしてラストの寸法に反映させています。

 

では、足に視点を戻しましょう。

ウィズは、実際の足のボールジョイントを計測しています。

はたしてその位置は、足長を3:7で割ったラストのそれと同じところでしょうか?

多分、人によって差があると思います。

足の趾(ゆび)が長い、短いなどと言う人がいますが、表現を置き換えると、ボールジョイントが足長の4:6や2:8の位置にある、と言うことができます。

このような靴(ラスト)と足のボールジョイントのズレが、靴、特にパンプスのフィッティングに大きな影響を及ぼしています。

 

また、履き心地において重要なボールジョイントよりも後方から踵にかけての絞り込みや、つま先のシェイプなども、サイズ表記からは読み取ることができません。

 

もっと細かい要因もありますが、これらのことからサイズ表記が単に目安にしかならない、ということをまずはざっくりとイメージしていただけたのではないでしょうか。 

足の計測のすゝめ

24.0cm、24.5cm、というように日本では靴のサイズがセンチメートル単位で表記されています。

それに加えて、D、E、2E、3Eといったウィズ表記のある靴もありますよね。

 

あなたの足の正しいサイズは?

 

前回の記事に書いた通り、足の大きさには左右差があるのが常です。
靴サイズを選ぶ際は、左右で足長が大きい方を基準とします。

決して小さい方に合わせてはいけません。

靴は縦方向に伸ばしたり調整することができず、また足を縦方向に縮めることもできないからです。

「つま先を縦に伸ばして欲しい」

「かかとを伸ばして欲しい」

といった調整の相談をよく受けますが、残念ながら成す術がないのです。

 

足の寸法をきちんと測ったことがない人も多いと思いますので、まずは計測してみてはいかがでしょうか。

JIS規格の靴サイズ表を見れば、自分で調べることもできるのですが、身体を曲げた姿勢で自身の足の寸法を正確に計測することは困難なのであまりお勧めできません。

やはり、シューフィッターのいる靴屋さんでお願いしてみて下さい。

まずはきちんとした計測から、基準となる自分の靴サイズを知っておきましょう。

足と靴ってどうしてこんなに仲が悪いの?

 

「どんな靴を履いても足が痛い」

「足に合う靴がなかなか見つからない」

 

シューフィッターとして仕事をしていて、幾度となく耳にしてきた言葉。

この記事を読んで下さっている皆さまの中にも、靴屋さんでこんな相談をした方もいるのではないでしょうか?

 

原因は…

◼︎足の形や動きに靴が合っていない

◼︎選ぶべきサイズが違う

◼︎履き方が間違っている

◼︎靴そのものの作りが良くない

◼︎足そのものの身体的な問題

など、様々あります。

 

これらの原因に加え、ほとんどの人間の足が完全な左右対称ではないという事実が、靴選びをさらに難しくしています。

これまで何人もの足を計測してきましたが、左右完全対称の足に出会ったことは一度もありません。

シューフィッターが基本的に計測する足長(足の縦の長さ)や足囲(足の幅が最も広い足趾付け根部分の周径)、足の筋力や関節の可動域まで、まったくの左右対称という方はいないと思います。

その一方で、工業製品としての靴は(一部のオーダーメイド製品を除いて)左右対称に作られています。

以上のことからお察しいただけると思いますが、お店で初めから足にピッタリ合った靴を探すことは理論上難しい、と言っても過言ではないでしょう。

また、靴は何千歩何万歩と歩くうちに変形するため、合わなかった靴が馴染んで履きやすくなったり、試着した時には感覚的にピッタリだと感じたはずの靴が不具合を生じたり…。

このような足と靴の関係ですから、初めからは上手くいかないのが当然なのです。

しかし、だからと言って合わない靴をそのまま履くのは良くありません。

まずは、どのような特徴の足なのか、靴がどのような作りと機能を持っているのかを丁寧に細かく観察し、何故その不具合が起こるのかを分析することから始めて下さい。

初めはピッタリと合わない靴も、理論に基づいた調整を行えば、あなたの足にフィットさせていくことが可能だと思います。