読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューフィッティングの作法

靴職人でもあるシューフィッターが教えるフィッティングのコツ

足と靴ってどうしてこんなに仲が悪いの?

 

「どんな靴を履いても足が痛い」

「足に合う靴がなかなか見つからない」

 

シューフィッターとして仕事をしていて、幾度となく耳にしてきた言葉。

この記事を読んで下さっている皆さまの中にも、靴屋さんでこんな相談をした方もいるのではないでしょうか?

 

原因は…

◼︎足の形や動きに靴が合っていない

◼︎選ぶべきサイズが違う

◼︎履き方が間違っている

◼︎靴そのものの作りが良くない

◼︎足そのものの身体的な問題

など、様々あります。

 

これらの原因に加え、ほとんどの人間の足が完全な左右対称ではないという事実が、靴選びをさらに難しくしています。

これまで何人もの足を計測してきましたが、左右完全対称の足に出会ったことは一度もありません。

シューフィッターが基本的に計測する足長(足の縦の長さ)や足囲(足の幅が最も広い足趾付け根部分の周径)、足の筋力や関節の可動域まで、まったくの左右対称という方はいないと思います。

その一方で、工業製品としての靴は(一部のオーダーメイド製品を除いて)左右対称に作られています。

以上のことからお察しいただけると思いますが、お店で初めから足にピッタリ合った靴を探すことは理論上難しい、と言っても過言ではないでしょう。

また、靴は何千歩何万歩と歩くうちに変形するため、合わなかった靴が馴染んで履きやすくなったり、試着した時には感覚的にピッタリだと感じたはずの靴が不具合を生じたり…。

このような足と靴の関係ですから、初めからは上手くいかないのが当然なのです。

しかし、だからと言って合わない靴をそのまま履くのは良くありません。

まずは、どのような特徴の足なのか、靴がどのような作りと機能を持っているのかを丁寧に細かく観察し、何故その不具合が起こるのかを分析することから始めて下さい。

初めはピッタリと合わない靴も、理論に基づいた調整を行えば、あなたの足にフィットさせていくことが可能だと思います。