シューフィッティングの作法

靴職人でもあるシューフィッターが教えるフィッティングのコツ

日本のサイズ表記はおもてなし?おせっかい?

日本の靴のサイズ表記の単位は、cm(センチメートル)であることはご存知の通りです。

 

それに対し、海外ブランドの靴はinch(インチ)をベースにしたUSサイズやUKサイズ、2/3cmを1単位としたフレンチサイズやコンチネンタルサイズ、と様々。

インターネットで検索すれば、海外のサイズ表記について、日本ではどのサイズに該当、といった情報がいくらでも出てきますので参考にしてみてください。

 

このブログでは、表記以前のそもそもの考え方の違いを説明したいと思います。

 

日本のサイズ表記は足の大きさを意識したものであるのに対し、海外のそれは靴(ラスト)の大きさを表したものであるという、根本的な違いがあります。

 

例えば日本のサイズ表記で24.0cmとあれば『24.0cmの足長が入るためにつま先に+1cm以上の捨て寸をもたせた底面長が25.0cmくらいある靴』となります。

これが、海外のサイズ表記の考え方に従うと、単純に『24.0cmの底面長の靴』となります。(わかりやすくするために単位をcmで揃えていますが、実際は38や5 1/2などの表記です。)

 

靴は靴下のようにピッタリと履くものではなく、つま先に1cm程度の余裕が必要です。これを“捨て寸”と呼びます。日本のサイズ表記は、この捨て寸を考慮しているのです。

計測した寸法そのままを選べば良い、という合理的な表記方法であり、私はこれが靴選びに利便性をもたらしていると考えていました。おもてなしの心を持った日本的な表記だと。

ところが今は、このサイズ表記方法こそが、靴選びの失敗を生じさせる原因であるように思っています。

「履くべきサイズはこれです!」とお膳立てされることで、前後サイズの試着にまで意識が向きにくいというか…。

 

以前の記事で触れた通り、サイズ表記に表されているのは足長とその3:7で割れるところをボールジョイントと仮定したウィズのみ。ウエスト部分の絞りや踵の収まり、つま先の余裕などは自分の感触で確かめなければなりません。

そしてシューフィッティングの要は、足と靴のボールジョイントの位置を合わせること、つまりボールレングスを合わせることです。

左右差があったり個性的な寸法を持つそれぞれの足と、規格に基いて画一的に作られた靴では、足長が合っていて且つボールレングスも合う、というのは万人に望むことはできません。そこで力を発揮するのが、シューフィッターによる靴のアジャストメント(調整)技術です。

サイズ表記で大体のアタリをつけて試着

        

シューフィッターが足に合わせて靴を調整

この2ステップが常識となり、快適な靴に出合うきっかけが広がれば良いと思います。

靴はファッションの一部ですが、洋服と違って身体に大きな影響を及ぼすものですから、デザインだけでなくそのフィッティングにもしっかりと目を向けてみましょう。